海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

映画「ユダヤ人を救った動物園」

f:id:otokutan:20180104061150j:plain

ユダヤ人を救った動物園 THE ZOOKEEPER'S WIFE - nekoyama.xyz

忙しい年末年始の中で、私の楽しみの映画を観に行ってきました。
今回観たものは「ユダヤ人を救った動物園」です。

第2次世界大戦中のポーランドワルシャワ動物園で、300人ものユダヤ人の命を救った動物園の園長夫婦の実話を映画化にしています。
1939年の秋、ドイツ軍のポーランド侵攻により第2次世界大戦が勃発しました。
ワルシャワで動物園を営んでいたヤンとアントニーナ夫妻のもとにも戦争の余波がきています。
飼育されているたくさんの動物も爆撃で死んでしまいます。
それでも生き延びた動物を保護したりと、動物園は運営できないもののそこでの生活を維持しようとがんばっています。

そんな戦火のもとで、悲惨な扱いを受けているユダヤ人たちを何とか救おうとし、ドイツ軍が占領したユダヤ人強制居住区域に忍び込み、厳しい状況の中から彼らを次々と救出していきます。
その救ったユダヤ人たちを園の檻に忍びこませ、国外へ逃がしていくという驚くべき策を実行するのです。
ドイツ兵に見つかったら自分たちやわが子の命も狙われるというとても危険な状況にありながら、夫婦はひるむことなく夕難に困難に立ち向かっていくという物語です。

この映画の後に大学でドイツの歴史を学んでいる娘のレクチャーがあって、さらに映画を面白いものにしてくれました。
私はあまりこの戦争の詳細を知らなかったため、なぜそうなるのかという事が分からなかったからです。
しかし娘のレクチャーのおかげで、その時代の背景やなぜユダヤ人が差別されるようになったのかなどが良くわかりました。
ドイツの独立と東西の壁が崩壊したことなどの影響により、ドイツ側からのいろいろな戦場の状況が明らかになってきたのかもしれません。
戦争映画と言えば悲惨な情景を映し出すものが多い中、ユダヤ人を救出するときははらはらしましたが、全体的には安心してみることができ、楽しむことができました。

creditcard-c.com