海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

体脂肪

Weight

我が家には「TANITA」の体脂肪計があります。
そして、私の最近の一番の改善テーマが体重を落とすこと・体脂肪率を減らすことなんです。
でも、うちの体脂肪計の体脂肪率の測定結果が、毎回かなりの誤差で違うので、どれが本当かをいつも疑問に思っていました。
体重はだいたい同じになるのですが、、、

creditcard-c.com


そこで体重計の体脂肪の測定の仕組みについて調べてみました。
ネットで調べてみると、、
「体内の脂肪は電気を通しにくいが、水分は電気を通す。」
その導電性から脂肪量(=体脂肪率)を計算しているということだそうです。
体重計にのった際に、足に銀色の電極版が触れることで(足の裏の水分量)、電気の抵抗から、体脂肪が決定される。ということなのだそう。
加えて、下半身の電気抵抗を元に計算すそうです。
結果、体脂肪は体水分がかなり影響している。ということみたいです。


なるほど。
ちなみに、筋肉は、水分を多く含んでいて電気を通しやすい。しかし、脂肪は水分をほとんど含んでなくて電気を通さない性質がある。のだとか。
だから、筋肉をつけると体脂肪率が減るのですね。
また、測定する時間や体の水分摂取状態によっても、体脂肪率は変動するらしいので、「体脂肪率」というものをあまり気にしなくていいのかも。
ひとまず、体重を落とし筋トレをすればよい。シンプルなことが分かりました。

が、なかなか難しいです。でも最近-4kgの減量に成功した私が思うことは、夜の食事の時間を必ず早く取る。ということが私のひとまずの成功につながっているように思います。
ですが、太もも・お腹は相変わらず中年の脂肪がついているので、もう少し頑張ろうと思います。

クレジットカードニュース編集部 – オススメのクレジットカードの特徴を詳しく解説【2017年最新版】