海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

夏の恒例行事

Sea

今年も家族全員の希望どおり、壱岐へ海水浴に行きました。
長女が小学校入学する年に、福岡に戻ってきたので、それから約15年ほど、夏に海水浴と美味しい料理を食べるためにほぼ毎年、壱岐へ出向いています。
子どもたちが受験の年も、やはり行ったような気がします。。

ありがたいことに、地元の知り合いの方がわざわざ港まで車を持ってきてくれて貸してくださいます。
ただ今年は、急なお願いで貸してもらえず、1台だけ空のあったレンタカーを借りて壱岐のなかを移動しました。
子供達とそれぞれ行きたいところを前もって打ち合わせをして、ルートを決めて無駄な時間なく動きます。
だいたい、猿岩がいいとか、岳の辻がいいとか子供のリクエストがあるのですが、今年は壱洲牛サイコロステーキと素潜りというリクエストでした。

creditcard-c.com



まずは、サイコロステーキ!
この壱洲牛は、神戸の松坂牛などにもなっており、(孔子のときに神戸に連れていかれ、そこで松坂牛ブランドとして育てられるそうで、元は壱洲牛。)そして本当にとてもおいしいのです!
海水浴の前に、1年間息子が懇願した「壱洲牛のサイコロステーキ」を食べに行きました。
そこは観光客があまり来ない地元のマニアックな和食のお店で、壱岐の新鮮な魚と、壱洲牛が自慢のお店です。
お店の方も、住んでいたころからの知り合いなので、同じ値段で2倍はあるだろうと思うほどの量の料理を出してくれます。
おかげで、痩せ痩せの息子のおなかは、ふくれあがり、段ができてしまったほどでした。(笑)
でも、本当においしいものをたくさんいただき幸せな気分になりました!


少し前にハワイで野生のイルカと泳いだのですが、私たちのような観光客では潜ることのできない所に、プロのカメラマンや地元ガイドが素潜りでもぐっていて、イルカをより間近にみることが娘にはうらやましかったらしく、それから「フィンダイビング」(素潜り)を勉強し始めました。

そこで、今年の壱岐の海で、主人から素潜りを習いたいといいだしたのです
それから、海水浴へ。
予定通り素潜りの練習。シュノーケルをつけての練習ですが、習う必要あるのか?
と思うほど、娘の素潜りは上手でした。

また、主人が運転するジェットスキーの後ろに乗せてもらったり、海の家のスタッフから「ビスケット」というスリル満点のゴムボートに乗せてもらったりいつもと変わらない、満足の海水浴を楽しみました。

子どもたちももうすぐついてこなくなるからと、毎年がんばってお金を貯めて連れていってたのですが、、大きくなっても、またちゃんと全員そろっていけるというのもありがたいものです。(ある意味金づるなんですが、、、(笑))
最近はほとんど日帰りで、のんびりすることができないところが、少し寂しいのですが、まあ、みんなのスケジュールが合わないので仕方ありません。
でもまた、来年も全員で行けたらいいなと思います。
ずっとは続かないでしょうが、やっぱり家族全員の旅行は楽しいものです。