海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは?

cat
野良猫に噛まれ、マダニが媒介してウイルス感染を引き起こし死亡する感染症のことを「重症熱性血小板減少症候群SFTS)」というそうです。
SFTSウイルスによる感染症で、マダニにかまれるとうつるという怖い病気のようです。
6日から1週間の潜伏期間の後に、発熱・全身のだるさ、吐き気などの症状がでて、重症化すると死に至るそうです。
ただ、どの野良猫からも映るわけではないらしく、病状のある弱った野良猫からはウイルス感染の可能性があるそうです。

この亡くなった女性も弱っている野良猫を助けるため病院に連れていこうとしたところを嚙みつかれ、感染したそうです。
やさしさが裏目に出してまって本当にお気の毒だと思います。

creditcard-c.com


もともと猫は外で何をしているかわからないし、どこへでも行き、なんでも食べるので雑菌だらけのイメージがあります。
だから、野良猫には極力近づきたくないというのが本音です。
今は、全く外に出ない家猫という飼い方もあるそうですが、、(この猫たちは安全だそうです!)

また、特にマダニは怖いです。
知り合いが何人かマダニにかまれて、ひどい目にあっているのを見たことがあります。
すごく腫れて、病院に行かないとなかなか完治しないみたいでした。

うちも犬を屋内で飼ってますが、散歩や遊んだりするのは屋外なので、ちょっとマダニには敏感になります。
犬用のダニ全般に効く薬を1か月に1回は必ず投与しますが、散歩の際は、草むらにどんどん入っていくので心配になります。(入るなとは言えず、自由にさせてしまっていますが、、)
主人もやはり心配のようで、今は週に1回のペースで犬をシャンプーします。
だから大丈夫と思ってもマダニやほかの雑菌はやはり心配になります。
洗いすぎのおかげで、うちのペットはだんだん毛の色が薄くなっているような気がしますが、、(笑)

いろいろなばい菌やだになど、人間にとってはとても怖い存在のものって、どこにでもいるんだと思います。
ただ、やたらとそういうもの達に弱くなっている人間(自分も含め)の方が、問題なのかもしれません、、
色々な技術が進めば進むほど、人間本来の力はどんどん弱くなるように思います。