海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

衝撃を受けた映画

cinema

最近かなりの衝撃をうけた「ハクソーリッジ」という映画です。
今回は家族で観に行ったのですが、、
メル・ギブソン監督の新作映画で、メル・ギブソンという俳優さんがもともと好きで、どんな作品を作るのか興味がありました。

creditcard-c.com



リアルな戦争の悲惨さや残虐さが描写されていて、息をのむシーンがとても多く色々な意味で魅了された作品でした。
この映画の主人公は、幼少時代の父親の暴力を受けた体験と、自身のキリスト教徒の信念をつらぬき、銃を持たない・人を殺さないという姿勢で、戦地へ向かい多くの人を助けたという実話です。

戦闘シーンのなかでも、武器を持たず、見方をどんどん助けていく姿に息をするのも忘れるほど、すごくて、勇敢でした。
甘すぎるマスクで臆病な感じのイメージなのに、どんなに危険がせまっていても、必ず助けにいくのです。
そこまでしなくていいのに!とお願いしたくなります。


そして、戦場が様子があまりに残酷で悲惨な描写なのです。
季節はおそらく暑い季節で、死体の腐敗やそれを動物が食べにきたりと、こんなにすごいのかと、、本当はこんな風だったのか?など単純な私は、そのすごすぎる映像がいつまでも目に焼き付いて離れませんでした。

しかも戦争の相手は日本です。
日本という国、日本人の特質(すばしっこくて、賢い)をいい意味で描いていたように思います。
だからこそ、息をのむシーンが多かったのかもしれませんが、、
たくさんの人が殺さるところをみると、きっと家族が待っているだろうにとか、、
日本側は鉄がない為、ヘルメットはみんな布だなとか、、、など胸がずっと痛かった時間でした。

映画のワンシーンに日本人を助けるというところもありました。
これも、実際の体験をもとにしたものらしいのです。
国と国との戦いでも、人が1対1になった時には、人間本来の性格を持って対応するんだろうなと思います。お互いが優しくなり、、

夜遅くに観たということもあり、その夜は家族で複雑な思いでした。
娘も寝付けず朝方まで起きていたとか、、、
私はいくつか戦争映画を見たことはありますが、これほどの描写のすごいものははじめのような気がします。

でも、戦争の勉強にはなりましたし、誰もが口にだしていう「戦争は二度としてはいけない」と強く思わされた映画でした。