海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

火事のときには、、

Tower

私の父は元消防士です。

消防士だったころから、教えられていたことがあります。

自宅では、、
火の元を確認
もし火事になったら、タオルを濡らして、口と鼻にあてて逃げる
家の二階にいるときは階段の角の空気を吸ってから逃げる(階段の隅の空気はきれいだから)
飛び降りれるなら、飛び降りる
天ぷら鍋の火は濡れフキンをかぶせる(水は絶対だめ)。
や、、
旅先では、ホテルの非常口の確認
窓が開くかどうか。
窓からの脱出の方法を考えておく
ぬれタオルを近くに置いて寝る
シーツをロープ代わりに使う。
と、かなりたくさんの避難についてを教えてもらってきました。

creditcard-c.com



息子が高校1年の時に一人で東京に行ったときは、旅先での避難項目をこのように、電話で確認を取ったこともあります。
便利なフェイスタイムというスマホでのやり取りができるので、部屋の構造などを息子から見せてもらい、注意をしないといけないことを伝えました。

それとホテル側も未成年の1人旅ということで、フロントの隣の1Fの部屋を用意してくださっていて、親切にしてもらいました。

これで大丈夫ということはないけれど、本当に火災になった時はパニックで考えられないかもしれないので、備えあれば憂いなしです。

ロンドンの高層住宅の火災は映像を見る限りすごいものだったと思います。
高層住宅に住むということ自体にリスクがあるから、私は無理ですが、、、
就寝中の時間帯の火災だから、逃げ遅れて、たくさんの方がなくなったことに心がいたみます。