海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

高齢者の車の暴走運転

Untitled

高齢者が病院へ暴走運転をして突っ込んで、惨事になるという事故が起きています。
昨日も大分で、76歳のおばあちゃんが病院内に来るまで突っ込んでしまったという事故をニュースで知りました。

幸い死者は出なかったからよかったのですが、その少し前は死亡者が出たというケースもあったと思います。
この高齢者のドライバーは今は問題視されているものの、交通の便が悪いとなると、やはりこの手段を取らないと仕方ないのでしょうか?
バスもない山間の田舎に住んでいるとか、本当に自家用車がないと困る人もいるのも確かです。

私の父も79歳になりますが、ここ数年大きな事故ではありませんが、ちょくちょく事故を起こしています。
いや、大きな事故でした。
3年ほど前には交差点の出会い頭でバイクを運転するおばあちゃんと接触事故を起こし、おばあちゃんは肋骨を折るという大きな事故を起こしたり、、
風邪薬を服用して、介護の必要な母の面倒を見ている最中に家の玄関に突っ込んだことがあります。

本人は、プライドも高く、自分はそんなことはしないだろうと思っていただけに、かなり傷ついていました。

人間は年を取ると、判断能力も身体能力も衰えるということは避けられません。
自覚をするというのは大切なことで、いつまでも自分だけは大丈夫という自負からこんなことになってしまうのだと。。

自分一人の問題ならいいですが、第3者を巻き込んでとなると、問題です。
かといって、生活には欠かせないものだとすると、、、
難しいです。近くにいて助けてあげることもできないので、、

毎日無事に1日が過ぎるのを、願うばかりです。。