海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

病気の友達

病気とたたかうこと

Friends

膵臓がんで余命宣告を受けた友達のお見舞いに行ってきました。入院する前の友達の顔より、入院した後の方がずっと顔色が良くなって、生き生きしていたように思います。主治医の先生からすべてを説明、今後の方針まで病気本人を含め家族にも分かりやすく、しかもきっちり聞いたそうです。今の状態が一般的には余命半年くらいであるということも、簡単に口に出せる内容ではないのに、元気そうに話していました。友達曰く、その先生が過去に多くのすい臓がんの患者さんをすくっていること。また、同じすい臓がん末期のひとが奇跡の生還をしたというブログで勇気が出たこと。だそうです。
「おれもなりたい。」はっきり言った友達の力強い言葉に私たちが勇気つけられました。私もそうなってほしい。心の底から願います。抗がん剤を2回受けて、副作用が軽いらしくひとまず退院になるそうで、またそれも友達にとってはうれしいことだったようです。自分の家で体調を見ながら治療していくと、入院の辛さは知っているので本当に自宅にいることができる様でよかったと思います。これから先はまだまだ続く癌との闘いですが、本人が希望をもって病気を治すという気持ちを応援したいです。絶対治ってほしいのです。