読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

第九に挑む!

ベートーベン第九と父と娘と

Oxford Symphony Orchestra

弦楽器のビオラを購入しました。初心者でも大丈夫と言ってくれるオーケストラに入団しました。あとは私の上達を待つばかり。なのですが相変わらず肘の痛みになやんでいます。しかし先日ベートーベン第九の練習見学に行きました。年末が本番なので練習ももうかなりの大詰めに入っています。とは言え初心者でもいいというくらいのオーケストラなので団員以外のエキストラが主力でやっているのは事実なんですが(笑)、、団員の平均年齢もかなり高めです。でもやる気はあります。私も早く全楽章を弾くことができなくても半分参加でもやりたいとすごく思います。特にベートーベン第九にはすごく思い入れがあります。こんなに演奏されているのは日本だけだと言われていますがそれでも音楽を少しでも多くの方が聴くチャンスがあることのほうが素敵だと思うんですが。父はクラシック好きで小さな頃から私をいろいろなクラッシックの演奏会に連れていきました。どれも熟睡するための良いツールでしかなかったのにこのベートーベンの第九だけは大好きで全てを聴き入るほどの作品だったことを記憶しています。演奏の時間が程よい長さで構成や展開が魅力的。10年ほど前は娘と父と3世代で合奏に加わったこともあります。ドイツ語の歌詞なので歌いこなすには大変で最後まで完璧ではありませんでしたがそれでも何かをみんなで作るという達成感と父と娘と一緒にできたことがとても幸せでした!そのあとも何度か第九を歌い去年はマーラーの復活も娘(バイオリン)父・私(合奏)で競演して父が本当に嬉しそうでした。来年こそは娘(バイオリン)私(ビオラ)父(合奏)という夢の競演で年末を気分よく迎えたいと思ってるのです!しかも大好きなベートーベン第九で。全楽章を必ず参加で(演奏は半分くらいの参加で、、)頑張らないと!!
私はときどき自分の将来(老後)について考えています。ただ歳をとって老いていくだけの人生にかなり抵抗を感じます。海外移住も含めやりたいことをして満足して自分のことが好きな自分でありたいと思っています。そこで小さな頃から植え付けられた音楽というもので私の残りのライフワークを充実させると思いついたときすごく気が楽になったことを覚えています。音楽好きなんだなあって。ただただ想うだけなんですが。(笑) ビオラバイオリンより少しサイズが大きくて持ち方から苦労しましたが低音の響きが良い感じです。そのうちビブラートとかもスムーズにできるようになって演奏ができるようになったらどこかのオシャレなレストランで娘と一緒に演奏などしたいものです!