海外移住する野望

将来海外に移住する目的のために頑張ってます!

食べすぎ

Soba

今日は娘とランチをしました!!
本当は台湾料理を食べに行こうと娘とはりきっていましたが、お盆の間はランチをやっていないということで、、、

次に候補に挙がったところは、車で10分ほどいったところにある「恵比寿や」さんです。
いつもお客さんが結構来ているのだけど、今日はお盆ということで特別多かったです。

この恵比寿やは二八そばを出してくれる、とてもとてもおいしいおそばやさんです。
二八そばがほどよくて、温そばでも冷そばでもとてもおいしいのです。

今日は暑かったので、私も娘もざるそばを注文しました。
私は台湾料理をがっつこうと思っていたので、朝から白飯を食べておらず、おなかがペコペコになっていました。
だからそばの大盛りを注文することにしました(笑)

そして、このお蕎麦屋さんのうれしいところろは、サラダ類・てんぷら類・煮物などちょっとしたつけたしが食べ放題なんです。
今日は充実したサラダと里芋の煮物、カボチャ、サツマイモ、ちくわ、野菜のカキ揚げ、それから冷ややっこ、デザートとしてぜんざいが食べ放題になっていました。

もちろん私も娘もかなりの量をそれぞれの種類がっついて、そして二八そばを冷たくおいしくいただき大満足でした。
デザートのぜんざいはいつもせいぜい2杯くらいしか食べないのに、今日は2人とも3杯もおかわりしてしまい、「別腹!!」とか言いながら、食べつくしてしまいました。

とにかく今日は本当に思いっきりたべたいとおもっていた午前中だったので、食べ物は変更されましたが、そば他もろもろをたらふく食べられてとても幸せなランチとなりました!!

 

 

アンサンブル大会

Chamber Music Society of Lincoln Center

9月にオーケストラ内で、アンサンブル大会という催しものがあります。
それぞれが好きな曲を、好きな仲間と演奏するという発表会です。
私の今年の曲は「美女と野獣」「OVER THE RAINBOW」などを弾きます。

今回は、就職の決まった娘も一緒に出るので4重奏をやります。
簡単な曲なのに、なかなかきれいに奏でることができないので、歯がゆくなりますが、最近習い始めた先生にコツをおしえてもらったところ、結構ちゃんとした音が出るようになり練習も楽しくやれるようになりました。

ビオラはバイオリンとちがって、結構大きいので、首も方も腕も疲れます。
その状態になれるのにかなり時間がかかって、きれいな音どころではありませんでした。

でも最近少し手ごたえがあります!!
美女と野獣も低音の響きがとてもきれいだし、OVER THE RAINBOWも演奏もなかなかいい何時です。

毎日練習をすこしずつしていれば、何となく感覚もおぼえてくるようで、楽器を持つことも少し楽になったような気がしました。
9月のアンサンブル大会まではあまり時間がないので、早く仕上げないといけません。
お盆の間に時間があるので、そこで仕上げられればいいなと思っています。
娘のバイオリンも久しぶり聴くことができるので、楽しみです。

Okunoin Cemetery, Koyasan

今日は本当に忙しい?!一日でした!!
朝から、花市場へお花を調達しに行き、それから実家へお墓のお掃除・実家のお掃除と何ともまあ本当にあわただしい、大汗かいた1日でした。

実家のお墓のお掃除は、毎年1年に1回お盆の前に父親が1人でお掃除していました。
今年は猛暑だし、父1人で掃除をしてもらうというのはあまりにも酷だと思い、今年はお手伝いをすることにしました。

主人もお盆にくることができないとのことで、急きょ私の実家のお墓のお掃除をしてくれると言いだしてくれて、では!!ということで今年は3人でのお墓掃除となりました。

今日もすごく暑くなりそうだったため、朝早くから実家に行きました。
案の定、ちょっと動いただけで汗があふれ出てしまいます。
でも年に1度のお墓掃除、、、やらないといけません。

実家のお墓は実家の近所にあります。
そして竹藪のなかになり、草もボーボー茂って、それはそれはひどい状態でした💦
竹の葉がお墓にかなり降っていて。
主人との予想では、30分で終わるだろう!!って思っていたら、そんな談ではなくて、、
かるーく3時間くらいかかってしまいました、、、

このお墓掃除を毎年、毎年、もう何十年も父1人でやっていたと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
父ももう83歳です。力も体力もなくて、休み休みしていました。
気づくのが遅くなり、今年からの助っ人でしたが、来年からはレギュラーとして、必ずお墓掃除にいこうとおもいます。

長かった散歩

Beagle sighting

暑い日が続くとチップの散歩も遅い時間からのスタートとなります。
今日もすごい猛暑だったので、チップは1日中お家の中で快適に過ごしていました。

動かないせいか、先日予防接種に行ったときは2k近くも太っていて、お医者さんにびっくりされたようでした。
でもこんなに暑くてはなかなか外に散歩というわけにはいかないです。

今日もようやく陽が落ちて、少し気温も落ち着いたので、さっそく散歩に出かけました。
いつもはお庭で少し走ったりするのですが、今日はそれを省いて散歩に出ました。

するといつもは大体うんちをする場所が何か所か決まってて、さほど時間をとらなくてもうんちをするのですが、今日に限ってなかなかしてくれません。
だから、予想する場所をすべて回ってみましたが、それでも気配もなく、、、、

同じ場所をぐるぐる回って、私は顔からも汗が流れまくり、じっと耐えて待ち続けました。
でもチップはそんな気配を見せないので、あきらめて家の近くのあまり行かない場所へ最後の望みをかけて行ってみました。

そこでもなんだかソワソワして、物音にびびったりしてただうろうろするばかりです。
疲れ果てた私は、もう我慢できなくて帰ろうとしました。。
すると、私の気持ちを知ってか、いきなりうんちをしてくれました。
ながくてとても暑い散歩にかなり疲れましたが、チップもすっきりしないと不機嫌になるので、よかったです。
それにしても本当に長くてうろうろした散歩でした、、、

老後に住みたい近隣の地域

sono andato a trovare il mare

海はいつ見てもいいものです。
主人の赴任先の唐津の往復の際に海沿いの道を通ります。
その時の海の景色はどんな時間帯でも(夜はみえませんが、、)、とてもとてもきれいだと思います。

夏の夕暮れ時の陽が沈むところを先日みたのですが、海の青色の中にオレンジが溶け込んでいくようななんとも言えない本当に美しい景色でした。
もちろん波はなぎっていて静かに陽が沈むのです。

もちろん車の運転中なので、景色をうっとり見ることはできませんが、、
でもこの景色を見るためなら、唐津に行くのも悪くないと思ってしまうほど美しいのです。

最近いつも主人と老後のことについて話します。
私はできるなら海の近くに住みたいと思っています。
でも、我が家はどちらかといえば山間に自宅があるので、うみからは程遠いです。
主人と賃貸でもいいから、自宅から近い海のある地域に引っ越すという話をし始めました。

今の一番の候補地は古賀市です。
私がオーケストラでお世話になっているというのもあるのですが、生活がとても便利だけど、そんなに都会ではなくて、私にとってちょうどいい感じなんです。
街並みもきれいだし、海の幸も山の幸もあります。

最近は古民家計画というような町おこしもやっているようなので、調べてみようかとも思っています。
海外も短期間で行くのはすごく楽しそうですが、地元にも魅力的な場所がいろいろあるようです。
今から、老後のための海の近くに住む計画はきちんと立てていこうと思います。

夏の体育大会

York Tennis

今日は私の住む町を含めた郡の体育大会の日でした!
台風が直撃するのではないかと、心配しておをらく中止なのでは?と家族全員思っていましたが、その予想を反して大会は通常通り開催されました。

もう何十年も前に私もバレーボール大会に出場していましたが、もう体が言うことを聞かないので、私は応援に徹することにしています。

今年は主人と息子が初のテニスでのダブルスのペアを組み試合に臨んだのです。
主人は毎年この大会には出場していますが、子供は今年突然テニスを始めて、そのテニスにおおはまりして、大会初出場となりました。

息子は別の人とのペアを望んでいましたが、残念なことに親子のペアを組まされて少々モチベーションが落ちていました、、、(笑)

台風が来るかもしれない今日は朝からどんより曇りで、でもあまり暑くなかったのでこれはとても幸いでした。
ここ1~2週間の日中の天気は、命の危険さえ感じるほど暑いので、熱中症の心配がない今日でよかったと思います。

私も応援に行こうかと、息子に電話をして試合の進捗状況をきいたところ、今日はどちらも絶不調であっさり負けた。とのことでした。
二人とも似ているタイプなので、同じように下降をたどってしまったのだとおもいました、、、

息子は今日のことがとても悔しそうでした。
自分でも実力がついてきていたみたいだと感じていたのでしょう。
もっと試合慣れをしないと、本番では実力が発揮されないのだと思います。
これを機にまた頑張るまくるのでしょう!!

 

甥っ子

Nephew

私の甥は自由奔放な高校生です。
両親が早くに離婚して、子供ながらにかなりの苦労があったと思います。
でもとにかく優しい、本当に優しい甥です。

その甥っ子が来年は高校を卒業します。
本当はすごく賢いはずだったのですが、ルールに従い、みんなと同じことをするということがどうも嫌いらしく、、、
そして、今の学校という縛りの中では窮屈に思っているらしく、、、

就職も進学もしない。
来年からは自由に生きるといっています。
父親(私の兄)は、このことについて何も言いません。
兄は息子の将来を心配するのではなく、息子の将来が楽しみでしょうがないみたいです。

私の両親はどちらも公務員だったのですが、特に勉強しろとか、この職業につけなどと言われたことはありません。
とくに父親は自分が厳しく育てられてきたから、子供には自由に生きてほしいと思っていたようです。

その父に育てられた私たちも(兄と私)も、自分の子供には強制をしませんでした。
ただ、兄は自分の子供にすべての選択権をあたえたのですが、私は子供たちにいろいろなたくさんの可能性を提示して、そこから選ばせました。

だから兄の子供は、自由で自分のことをすべて自分で決めるということをし始めました。
今年高校3年生の夏は1人で関東一人旅をしてきたようですし、今は車の免許と大型バイクの免許を同時に取れる合宿免許に行っています。
卒業をしたら、「ビックになる!」というのが甥っ子の夢のようです。。。

かわいらしくて笑ってしまいますが、実は本当にそういう可能性あるかも?と思ったりもします。
優しくてかわいらしい甥っ子が幸せであるようにおばさんは祈りたいと思います。